旅行に行くのに罪悪感がある方はこう考えるといいわかりやすいたとえ話しで話し上手になるコツ【たとえ話しと著作権】
TOP ⑨ビジネスネタ └ コロナ関連』>

2022年07月30日

行動しない言い訳になるワイルドカード4つとは?手放そう!

わたしは忙しくて旅行できませんでした・・・
ではなく、本心は旅行したくない。忙しさを言い訳にしていたのです!

■行動しない原因と目的が逆!?

お金がないから・・・しない。
時間がないから・・・しない。

お金と時間の2つは、行動しないことの言い訳にされますね。
一種のワイルドカードです。

でも、原因と目的が逆になっていることがありますね。

「お金がないから起業できない」は本当ですか?
本心は起業したくない。お金はその言い訳ではないですか?

「時間がないから勉強できない」は本当ですか?
本心は勉強したくない。時間はその言い訳ではないですか?

まずここまでは一般論です。ご参考まで。
(「嫌われる勇気」でおなじみのアドラーの「目的論」もチェック!)

なにか行動できないと感じたときには、振り返ってみてください。
本心からやりたいことなのか?と。

本心からやりたいことではなかったら、いったん忘れましょう。
次の行動に進んだ方がいいですね。

「お金」と「時間」ともう一つ、言い訳のワイルドカードがあります。
それは「人の目」ですね。

「人の目が気になって・・・できない」
これも強力です。振り返ってみるといいですね。

wakamono_hanareru_tv
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■行動しない言い訳になるワイルドカード4つとは?手放そう!

「お金」「時間」「人の目」
このほかに、近年、第4のワイルドカードが生まれました。

それは「あの感染症」です。

「あの感染症のせいで・・・できない」
「あの感染症のせいで、幸せになれない」

こういう考え方は、とても危険です。今すぐ手放したいですね!
(原因と目的が逆なのもありますし、感染症は終わらないかも。)

幸せを感じられる方法は、いまの情報社会、いくらでもあります。
例えばYouTubeでは、無料で時間をかけずに、情報を得られます。

感染症は、逆に、うまく利用されている方もいらっしゃいますね!
例えば、感染症を言い訳にして、行きたくない飲み会を断るなど。
すばらしい!あなたもポジティブに生かしましょう!

■わたしの例(お金・時間・人の目・感染症)

本記事の内容いかがでしたでしょうか?

本記事はわたし自身への戒めとして書きました。

わたしは幼いころは貧しかったものです。
今ではそれなりにお金はあります。
ただ、お金があっても、行動量は、そこまで増えていません(笑)

時間もいくらでも作れるはずです。
先に予定を入れてしまえば、それにあわせて仕事も進むはずです。
旅行だっていくらでも行けるはず!

人の目は、そこまで気にしても仕方ない!
これも同じくアドラーの教え「課題の分離」ですね。

感染症は、もはや大半が無関心。気にするしない以前の問題。
少なくとも東京ではそういう方が大半でしょう。わたしもそうです。

どんなことも、ポジティブになるかネガティブになるかはあなた次第!

<関連記事>
旅行に行くのに罪悪感がある方はこう考えるといい

都内の人出を観察してアイデアをもらってみる【男性の日傘】

都内は人・人・人!【人出と感染症のパラドックス】

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

What are the four wildcards that are excuses for not acting? Let it go!

I was too busy to travel ...

Instead, I really don't want to travel. I used to be an excuse for being busy!

■ The cause and purpose of not acting are opposite! ??

I don't have money ...

I don't have time ...

Money and time are two excuses for not acting.

It's a kind of wildcard.

However, sometimes the cause and purpose are reversed.

Is "I can't start a business because I don't have money" true?

I really don't want to start a business. Isn't money an excuse?

Is "I can't study because I don't have time" true?

I don't really want to study. Isn't time an excuse?

First of all, the general theory so far. For your reference.

(Check out Adler's "Teleology", which is familiar with "Courage to be hated"!)

If you feel you can't do something, look back.

Is it something you really want to do? When.

If it's not something you really want to do, forget about it.

You should move on to the next action.

There are "money" and "time" and another wildcard of excuses.

That is the "human eye."

"I'm worried about people's eyes ... I can't."

This is also powerful. It would be nice to look back.

■ What are the four wildcards that are excuses for not acting? Let it go!

"Money" "Time" "Human eyes"

Besides this, a fourth wildcard was born in recent years.

That is "that infectious disease".

"I can't because of that infection ..."

"I can't be happy because of that infection."

This way of thinking is very dangerous. I want to let go now!

(The cause and purpose may be opposite, and the infection may not end.)

There are many ways to feel happy in today's information society.

On YouTube, for example, you can get information for free and in no time.

On the contrary, some people are using infectious diseases well!

For example, using an infectious disease as an excuse to decline a drinking party that you do not want to go to.

wonderful! Let's make use of it positively!

■ My example (money, time, human eyes, infectious diseases)

How was the content of this article?

I wrote this article as a commandment to myself.

I was poor when I was young.

Now I have some money.

However, even with money, the amount of activity has not increased that much (laughs).

You should be able to make as much time as you like.

If you make a schedule first, your work should proceed accordingly.

You should be able to travel as much as you want!

Human eyes can't help but care so much!

This is also Adler's teaching "separation of issues".

Most infectious diseases are no longer indifferent. Previous problem that I don't care about.

At least in Tokyo, most of them are like that. I am the same.
It's up to you to be positive or negative!



shinonomepat at 21:20│⑨ビジネスネタ | └ コロナ関連
旅行に行くのに罪悪感がある方はこう考えるといいわかりやすいたとえ話しで話し上手になるコツ【たとえ話しと著作権】

Google