100円で東京メトロ乗り放題!目指せ全駅制覇!バカにされたくない!にとらわれなければ自由になれる
TOP └ コロナ関連 └ アイデアの発掘』>

2022年07月17日

都内は人・人・人!【人出と感染症のパラドックス】

東京を観光される際には、トイレの場所を調べておくといいですね。

■都内は人・人・人!

今日は都内をあちこち出かけました。
上野・赤羽・池袋・銀座などなど。どこも人・人・人でしたね(笑)

人が多いのは悪いことではありませんが、駅のトイレが大行列!
SAかPAかと思いました^^;そういえばこの2つどう違う?

例の感染症が、またお騒がせで、人出が減るかと思いましたが…
(お騒がせなのは、わたしのスマホだけなのでしょうか?)

例の感染症は、人出と結びつけるのは、もはや無理筋ですね。
GWの人出などを見ても、だれもがそう理解することでしょう。

ただ、わたし個人でいえば、もう少し考えてみるのもいいと思います。

風邪を引いている人が近くにいたら、風邪がうつりそうですよね?
でも、人出は関係がない。

この一種のパラドックスをどう考えるか?

wakamono_hanareru_tv
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■ミクロとマクロのパラドックス【人出と感染症のパラドックス】

世の中には、ミクロとマクロが真逆になることがあります。
ミクロは個人の活動で、マクロは社会全体の活動ですね。

例えば、貯金です。
個人が貯金をすれば、その個人は豊かになるでしょう。
ただ、みんなが貯金をすれば、社会全体のお金の流れが滞ります。
結果として、社会全体は、豊かになれなくなります。

世の中には、こういうミクロとマクロのパラドックスがあるものです。

例の感染症の人出も、これと同じように考えられないでしょうか?

個人レベルでは、風邪がうつるうつらないのお話し。
発症している人は、外出しないほうがいいと言えますね。

一方、社会全体では、人出は、感染症に影響がないように見える…
集団免疫のようなことがあるのでしょうか?

こうした発想は、専門家でもないわたしですら思いつきます。
専門家の意見も聞きたいところですね。

今回は政府関係者は、結論としては自粛を求めないということですね。
結論に至る経緯が不明なので、いろいろ考えて頭の体操してみました。

選挙が終わっても、感染症や物価や気候など、お騒がせですね。
選挙のプロパガンダではなく、単なるアクセス集め?^^;
今後もネタは尽きそうにありませんね^^;風刺担当のTでした

<関連記事>
当ブログの風刺記事はPC画面左のカテゴリー「時事ネタ」です。

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

People, people, people in Tokyo! [Paradox of crowds and infectious diseases]

When you go sightseeing in Tokyo, it's a good idea to check the location of the toilet.

■ People, people, people in Tokyo!

I went around Tokyo today.

Ueno, Akabane, Ikebukuro, Ginza, etc. Everywhere was people, people, people (laughs)

It's not a bad thing that there are many people, but the toilets at the station are lined up!

I thought it was SA or PA ^^; By the way, what is the difference between these two?

I was wondering if the infectious disease in the example would reduce the number of people due to the noise again ...

(Is it only my smartphone that makes a noise?)

It is no longer possible to link the infectious disease in the example to the number of people.

Everyone will understand that even if you look at the number of people in Golden Week.

However, for me personally, I think it's a good idea to think a little more.

If someone has a cold nearby, you're likely to catch a cold, right?

But the number of people has nothing to do with it.

What do you think of this kind of paradox?

■ Micro and macro paradox [Popular and infectious disease paradox]

In the world, micro and macro can be the exact opposite.

Micro is an individual activity, and macro is an activity of society as a whole.

For example, savings.

If an individual saves money, that individual will be rich.

However, if everyone saves money, the flow of money in society as a whole will be stalled.

As a result, society as a whole cannot be enriched.

There is such a micro and macro paradox in the world.

Isn't it possible to think of the number of people with infectious diseases in the same way?

At the individual level, it's a story about a cold that doesn't move.

People who have the disease should not go out.

On the other hand, in society as a whole, crowds do not appear to affect infectious diseases ...

Is there something like herd immunity?

Even I, who is not an expert, can come up with such ideas.

I would also like to hear the opinions of experts.

The conclusion is that government officials do not seek self-restraint this time.

I don't know how I came to the conclusion, so I thought about various things and tried to do brain teaser.

Even after the election, there is still a lot of noise about infectious diseases, prices, and climate.

Is it just access gathering, not election propaganda? ^^;
I don't think I'll run out of material in the future ^^; I was T in charge of satire.



100円で東京メトロ乗り放題!目指せ全駅制覇!バカにされたくない!にとらわれなければ自由になれる

Google