「忘れっぽくなった」をポジティブに考えると?年を重ねてよかったことを見つけよう!パスポートよりも経済活動再開に必要なものとは?
TOP └ コロナ関連 └ アイデアの発掘』>

2021年09月17日

「第6波は来る?」を数学で合理的に考えるとこうなる

「第6波は絶対に来る」という専門家の予想が目立ちます。

わたしも来ると思います。

ただその理由は、一般的なものではありません。
つまり「第5波まで来たから」という単純な理由ではありません。

より合理的なものです。
興味ある方は最後までお付き合いください。
数学の知識も身につきます!(難しい内容ではありません)

まず本記事のポイントは、
✔昨年、季節性インフルがほぼ消滅したのは覚えていますね
✔なのになぜ第6波が絶対に来ると言えるのか?

本記事は、数学の専門家&風刺担当のTがお送りします^^;

<目次>
(1)可能性は高くても、絶対はない!
(2)なぜ季節性インフルは消滅したのか?
(3)要するに、今年の冬も〇〇が流行るということ!


job_suugakusya

1566925473rq67LlnaNNguIHA1566924740
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2

( ↑ 画像をクリックすると詳細ページに飛べます!)


(1)可能性は高くても、絶対はない!

「第5波まで来たから、第6波も来るだろう!」

(専門家でなくても)なんとなくそんな気がしますね。
ただこの理屈は、必ずしも合理的ではありません。

例えば、毎年流行していた季節性インフルエンザ。
この理屈だと、昨年このインフルが消滅したことを説明できません。

********************************
(参考)
「これまで起こってきたから、n回目も起こるだろう」
この可能性は(n/n+1)と近似することができます(★)
第5波まで来て、第6波が来る確率は、6/7と近似できます。
(★)はnが大きくなると1(100%)に近づいていきます。
オオカミ少年がだんだん信用されなくなっていくのもこれです。
********************************

第6波は来る「可能性が高い」とは言えるでしょう。
ただ「絶対来る」という専門家は、むしろ不自然です。

(2)なぜ昨年インフルは消滅したのか?

昨年インフルがほぼ消滅したことについて、こんな見解があります。
①みんなが予防したから
②インフルがコロナに負けたから(いわゆるウィルス干渉説)
③インフルがすべてコロナとしてカウントされた(やや陰謀的)

①では説明が付かないことが多いです。
ポイントは、②、③です。

②なら、今年は、コロナがインフルに負けるかも知れません。
コロナが(昨年のインフルのように)消滅する可能性もあるはずです。

専門家がこの説にまったく言及しないのは、むしろ不自然です。

「第6波は必ず来る」と言っている人は、③なのでしょうね。

実はわたしも第6波が来ると思うのは、このためです。
③の原因は、もちろんPCR検査を使っているからですね。

(3)要するに、今年の冬も風邪が流行るということ!

③は要するに、冬になると風邪が流行るということです。
旧型コロナを含む風邪か、新型か、インフルか、はともかくです。

私も半世紀近く生きてきました^^;
冬に風邪が流行らなかったことはなかったと記憶しています。

今年の冬も風邪が流行るのは(★)で近似すれば、50/51!

これなら、ほぼ確実に来るといっても過言ではないでしょう。

そして、その風邪が、どう扱われるか?
ここから先は、あなたのご想像にお任せします^^;

■絶対に第6波が来るというなら・・・

いかがでしたでしょうか?

本記事は、陰謀論のご紹介ではありません^^;
感染症の専門知識なしに適当なことを言っているものでもありません。
(★)など数学の知識のご紹介です^^;ご参考になれば幸いです

いずれにしても、絶対に第6波が来るというなら、対策してほしい!
放置せずに、初期の段階から、町医者で診てもらいたいものですね。
重症化しないようにです(いわゆる2類から5類への変更等)。

本記事は風刺担当のTがお送りしました^^;またお会いしましょう

<関連記事>
(★)についてさらに詳しく解説している記事はComing Soon!

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!


********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください



「忘れっぽくなった」をポジティブに考えると?年を重ねてよかったことを見つけよう!パスポートよりも経済活動再開に必要なものとは?

Google