クレーム

2015年09月27日

つい使ってしまう特許の業界用語

弊所:東雲特許事務所(しののめ特許事務所)は、主に小規模事業の社長様や、個人の方に向けてサービスを提供しています。お客様は、企業の特許部門の方(つまり特許のプロ)ばかりではありません。

お客様に対しては、特許の業界用語を使わないようにしています。事務所内で議論するときも、クセになるので、できるだけ業界用語は使わないようにしています。

そんな中、どうしても業界用語になってしまいがちなものがあります。以下、3つほどご紹介します。あなたが、特許にあまり詳しくない場合で、特許事務所(弁理士)から次のような表現をされたときの参考にしてください。

●どうしても業界用語になってしまいがちなもの3つ


(1)「クレーム」


日常用語では、「不平」「文句」などの意味で用いられることが多いですが、特許でクレームと言えば「請求」です。

特許の出願書類の「特許請求の範囲」や、「請求項」のことを「クレーム」と言います。特許を請求する対象である、「発明」自体のことをクレームと言うこともあります。

例えば、クレームが狭くなるとは、発明に限定を加えて、発明の範囲が狭くなることです。

また、「クレームする」のように動詞で用いることもあります。これは、権利を請求するという意味で、具体的には、特許請求の範囲の請求項に、発明を記載することです。

(2)「前記」


請求項に発明を記載する際に、「前記」という表現が用いられます。これは、その記載よりも前に、同じものが記載されていることを意味します。

(例)・・・○○部材・・・、・・・前記○○部材は、・・・。

「前記」がないと、複数個所に記載されている○○部材が、同じものであるか、異なるものであるか、わかりません。このため、2度目以降に出てくるときには、「前記」で、同じものであることを特定します。

英語で言えば、不定冠詞のaまたはanと、定冠詞のtheみたいなものです。
「前記」はtheに当たります。

なお、必ずしも「前記」という表現でなくても構いません。「上記」でもいいですし、直前のものを指すのに「前記」で違和感があれば、「当該」「該」などでも構いません。要は、わかればいいのです。

ただし、「前記」などが必要な箇所に記載されていないと、特許が拒絶される理由になりますので、ご注意ください。

(3)「実施例」


特許の出願書類では、発明の実施(生産・使用など)の仕方を説明する際に、例を挙げて説明します。現在の様式では、この例を挙げて説明する項目を「発明を実施するための形態」「発明の実施形態」などと言います。

ただ、以前は「実施例」という言い方をすることが多かったようです。例を挙げて説明することから、むしろ「実施例」の方が、しっくり来ると言えるかも知れません。

特許の出願書類によっては、「実施形態」と「実施例」を区別して記載することもあります。

この点についても、厳密なものはありません。わかればいいのです。

●特許の出願書類は、理解できることが最も重要


いかがでしたでしょうか。

以上は、わたしの経験則も含まれています。特許事務所(弁理士)や企業(特許部門)によっては、違う考え方もあるかも知れません。

わたしの基本的なスタンスは、「わかればいい」です。法律や規則などに違反しないことは大前提として、発明が明確に理解できることが最優先です。

特許業界に20年近くいるわたしでも、意味がわからない業界用語を耳にすることが、たまにあります。あまり考えずに業界用語を用いたり、変に形式や流儀にこだわったりするのは、どうかなと感じています。

弊所をご利用のお客様へ:わたしがつい難しい表現を使ってしまったときは、ぜひご指摘ください。またブログを更新したいと思います(笑)

少しでもお役に立つ部分があれば幸いです。
最後までお読みくださりありがとうございました。
東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の田村でした。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」「Tweet」「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

******************************
【PR】個人発明家・小規模事業者に特化&元特許審査官が運営する特許事務所です!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
******************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2


shinonomepat at 23:59|Permalink

Google