お問い合わせ

2016年12月17日

特許事務所へのお問い合わせから特許になるまでの流れ

本記事では、特許事務所へのお問い合わせから特許になるまでの流れをご説明します。

弊所:東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の場合を例に挙げて説明します。

お問い合わせから特許になるまでの流れ 

<補足>
①お問い合わせ
このページの下のほうに、お問い合わせフォームがございます。

②打ち合わせ・発明の内容確認・お見積もり
打ち合わせは弊所でも構いませんし、こちらから伺うこともできます。
遠方の場合など、電話やメールや郵便等で対応も可能です。

③ご依頼・お振り込み
見積もりをご確認頂けましたら、お振り込みをお願いします。

④先行特許調査(先行技術調査)
オプションですが、特許調査を行うことをお勧めしています。
調査結果によっては、特許出願を保留または断念することを提案する場合があります。

(★)この点が弊所の特徴です。特許審査官の経験を活かした特許調査を行います。
・特許の費用対効果が高まる。
・特許出願書類のクオリティが上がる。
・他者特許を侵害するリスクを軽減できる。
などの効果があります。

⑤出願書類作成・特許の出願
内容をご確認頂いた後、特許の出願を行います。

⑥審査の請求
出願から3年以内に行うことができます。
小規模事業者等の場合、1/3に軽減され10万円ほど減額されることがあります。

⑦拒絶理由通知・反論(意見書・補正書)
拒絶理由通知と反論は、複数回になることがあります。
費用は各回発生します(2回目以降は内容によって費用を考慮します。)
反論が認められない場合は、拒絶査定になります。
さらに上級審で争うこともできます。

⑧特許査定・権利発生
特許料を納付することで、特許権が発生します。
特許料は、小規模事業者等の場合、1/3に軽減されることがあります。

ここでは簡単に補足しました。
さらに詳細は、打ち合わせのときにご説明します。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「いいね!」をお願いします!
「いいね!」ボタンは一番下にあります。ブログを書く励みになります!
スマホの方は、下のほうの青字に白の「f」を押してください!

******************************
【PR】難しい特許の手続きをだれにでもわかるようにしたいと考えています!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲(しののめ)特許事務所へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開きます。)
******************************

少しでもお役に立つ部分があれば幸いです。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2


shinonomepat at 16:08|Permalink

Google