└ 拒絶理由

2024年03月27日

新規性・進歩性ある発明として特許される方法2つ【リライト版】

別の記事で、特許を取るための要件として、3つほど説明しました。

<関連記事>

3つの要件のうち、
「産業上利用できる発明であること」
「適式な特許出願書類を作成すること」
については、ある意味なんとでもなります。
弁理士に任せれば確実です。

本記事は、上記記事でも最も難しいとして説明した
「発明の新規性・進歩性」
についてです。

ただ単に「良い発明をしましょう」といっても限界があります。
別の観点・実務的な観点から2点ほどご説明します。

computer_crt_monitor_desktop
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■あなたの発明が新規性・進歩性ある発明として特許される方法2つ

①審査の結果(拒絶理由通知)に対応する

審査官による審査を受けると、ただちに特許になる場合もあります。
多くの場合は、
✔あなたの発明に新規性・進歩性がないという審査結果が来ます。
この審査結果の通知を拒絶理由通知といいます。

拒絶理由通知では、あなたの発明に「最も近い発明」が提示されます。
一般には、特許公報が引用されます。
特許公報に記載された発明(引用発明)として提示されます。

このとき、あなたの発明を少し変更(補正)することができます。
引用発明との違いを明らかにすると、拒絶理由を解消できます。
つまり、あなたの発明が新規性・進歩性を有するようになります。

ただし、あなたの発明を変更できるのは、
✔特許出願時に、特許出願書類に記載した内容でなければなりません。

②予め特許調査をしておく

拒絶理由通知では、どんな引用発明が提示されるのかわかりません。

✔特許出願時に、引用発明との違い記載しておくのは、難しいのでは?
そう思われるかも知れません。

実はそのとおりなのです。

そこで、特許出願の前に、予め特許調査を行っておく方法があります。

審査官により引用されそうなものを、事前の調査で見つけておきます。
→調査で発見された発明との違いを、特許の書類に記載しておきます。

そうすると、特許になりやすくなるのがお分かり頂けると思います。

ただ、あなたの発明の内容によっては、難しい場合もありますね。
調査で発見された発明との違いを十分に記載できない場合もあります。

例えば、あなたの発明と類似の先行特許が、多く見つかった場合です。

その際は、まずあなたの発明を練り直しましょう。

発見された先行特許を参考にすることもできます。
先行特許に打ち勝てるような十分な改良を行います。
その後、特許を目指すことが有効です。

このように特許調査には、
✔特許になる可能性を高めるだけでなく、
✔無駄な特許を出さなくて済むという効果もあります。

<元記事>

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Two ways to obtain a patent as a novel and inventive invention [Rewritten version]

In another article, I explained three requirements for obtaining a patent.

<Related articles>

Is it difficult to obtain a patent?

Of the three requirements,

"The invention must be industrially applicable"

"Preparing formal patent application documents"

In a sense, anything goes.

You can definitely leave it to a patent attorney.

This article was described as the most difficult in the article above.

"Novelty and inventive step of the invention"

is about.

There are limits to simply saying, ``Let's make good inventions.''

I would like to explain two points from a different and practical perspective.

■Two ways to get your invention patented as a novel and inventive invention

① Respond to the examination results (notification of reasons for refusal)

A patent may be granted immediately after being examined by an examiner.

In many cases,

✔You will receive an examination result stating that your invention lacks novelty and inventive step.

This notification of examination results is called a notification of reasons for refusal.

In the notice of reasons for refusal, the "closest invention" to your invention will be presented.

Generally, patent publications are cited.

It will be presented as an invention described in a patent publication (cited invention).

At this time, you can make small changes (corrections) to your invention.

By clarifying the difference from the cited invention, the reason for refusal can be resolved.

In other words, your invention will have novelty and inventive step.

However, you can change your invention by

✔The content must be the same as stated in the patent application documents at the time of patent application.

② Conduct a patent search in advance

It is unclear what kind of cited invention will be presented in the notice of reasons for refusal.

✔Isn't it difficult to state the differences from the cited invention when filing a patent application?

It may seem so.

Actually, that's true.

Therefore, there is a way to conduct a patent search in advance before filing a patent application.

Do some research in advance to find things that are likely to be cited by the examiner.

→ Write down the differences from the invention discovered during the investigation in the patent document.

If you do so, you will understand that it will be easier to obtain a patent.

However, depending on the content of your invention, it may be difficult.

In some cases, it may not be possible to sufficiently describe the differences between the invention and the invention discovered during the investigation.

For example, if many prior patents similar to your invention are found.

In that case, first rework your invention.

You can also refer to discovered prior patents.

Make enough improvements to overcome the prior patent.

After that, it is effective to aim for a patent.

In this way, patent searches include

✔In addition to increasing your chances of getting a patent,

✔It also has the effect of eliminating the need to issue unnecessary patents.



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google