⑧お客様の不安解消

2024年02月13日

拒絶理由に反論して特許になる率を考えてみた【リライト版】

あるお客様から、
✔拒絶理由に反論しそれが認められて特許になる率は?
と尋ねられました。

どこかにデータはあるのかも知れません。
とっさに以下のような数字でお答えしました。
あくまで机上の数字ですが、ご参考まで。

●拒絶理由に反論して特許になる率を考える前提条件

(1)拒絶理由が通知されずに特許になる率

拒絶理由が通知されずに、いきなり特許(一発特許)になる率
→1~2割と言われています。そこで15%とします。

①拒絶理由が通知されずに特許になる率:15%
②拒絶理由が通知される率:85%

(2)拒絶理由が通知されて、反論しない率

拒絶理由が通知されて、反論しない率
→1~2割と言われています。そこで15%とします。

③拒絶理由が通知されて反論しない率:15%
④拒絶理由が通知されて反論する率:85%

(3)最終的に特許になる率

最終的に特許になる率は、60%程度と言われています。

⑤最終的に特許になる率:60%

①~⑤を前提条件とします。
拒絶理由に反論してそれが認められて特許になる率を求めてみます。

computer_crt_monitor_desktop
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


以上をまとめると、

①拒絶理由が通知されずに特許になる率:15%
②拒絶理由が通知される率:85%

 ②の85%の中で、
  ③拒絶理由が通知されて、反論しない率:15%(②の85%×15%)
  ④拒絶理由が通知されて、反論する率:85%(②の85%×85%)

⑤最終的に特許になる率:60%

●拒絶理由に反論して特許になる率は?

拒絶理由が通知されて反論して特許になる率をPとします。

拒絶理由が「通知されずに」特許になる率は①です。
拒絶理由が「通知されて」反論して特許になる率は④×Pです。

すると、最終的に特許になる率(⑤の60%)
=拒絶理由が通知されずに特許になる率(①の15%)
+拒絶理由が通知されて特許になる率((④の85%×85%)×P)
となります。

0.6=0.15+0.85×0.85×P
P=0.6228・・・。

拒絶理由に反論して特許になる率は62.3%くらいとなります。

●確率・統計学の視点から特許を見るのも面白い

上記の数字は、いくつかの仮定や条件下のものです。
あくまで机上の数字です。
あなたの具体的な案件に必ずしも当てはまるとは言えません。
あくまでご参考まで。

ちなみに、特許率が100%の特許事務所(弁理士)もあります。
(例えば、歴史の比較的浅い特許事務所です。)
当然に、拒絶理由に反論して特許になる率も100%と言えます。

特許を確率・統計学の視点から特許を見るのも、面白いものです。
こうした数値は、どこかでデータ化されているのかも知れません。
それはさておき、今後もいろいろ考えてみたいと思います。


<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

I considered the rate of obtaining a patent by refuting the reasons for refusal [Rewritten version]

From a customer,

✔What is the rate of refuting the reasons for refusal and being granted a patent?

I was asked.

Maybe there is data somewhere.

I answered with the following numbers.

These are just theoretical numbers, but for reference only.

●Prerequisites for considering the rate of obtaining a patent by rebutting the reasons for refusal

(1) Rate of obtaining a patent without being notified of reasons for refusal

Rate of suddenly being granted a patent (single patent) without being notified of the reasons for refusal

→It is said to be between 10% and 20%. So let's set it to 15%.

① Rate of obtaining a patent without notification of reasons for refusal: 15%

②Rate of notification of reasons for refusal: 85%

(2) Rate of not making an argument after being notified of reasons for refusal

Rate of non-refutation after being notified of reasons for refusal

→It is said to be between 10% and 20%. So let's set it to 15%.

③Rate of not filing an argument after being notified of reasons for refusal: 15%

④Rate of filing objections after being notified of reasons for refusal: 85%

(3) Rate of eventual patenting

The final patent rate is said to be around 60%.

⑤Final patent rate: 60%

① to ⑤ are prerequisites.

Let's find the rate at which a patent is granted after rebutting the reasons for refusal.

To summarize the above,

① Rate of obtaining a patent without notification of reasons for refusal: 15%

②Rate of notification of reasons for refusal: 85%

Of the 85% of ②,

③Rate of not arguing after being notified of reasons for refusal: 15% (85% of ② x 15%)

④Rate of filing objections after being notified of reasons for refusal: 85% (85% of ② x 85%)

⑤Final patent rate: 60%

●What is the rate of obtaining a patent after rebutting the reasons for refusal?

Let P be the rate at which a patent is granted after being notified of the reasons for refusal and making a counterargument.

The rate at which a patent is granted without being notified of the reasons for refusal is ①.

The rate of obtaining a patent after being ``notified'' and refuting the reasons for refusal is ④×P.

Then, the rate of eventual patenting (60% of ⑤)

= Rate of patent being granted without notification of reasons for refusal (15% of ①)

+ Rate of patent being granted after notification of reasons for refusal ((85% of ④ x 85%) x P)

It becomes.

0.6=0.15+0.85×0.85×P

P=0.6228...

The rate of obtaining a patent after rebutting the reasons for refusal is approximately 62.3%.

●It is also interesting to look at patents from the perspective of probability and statistics.

The above numbers are subject to several assumptions and conditions.

These are just numbers on paper.

It may not necessarily apply to your specific case.

For your reference only.

By the way, there are some patent offices (patent attorneys) with a 100% patent rate.

(For example, a patent firm with a relatively short history.)

Naturally, the rate of obtaining a patent after rebutting the reasons for refusal is 100%.

It is also interesting to look at patents from the perspective of probability and statistics.

These numbers may be digitized somewhere.

Aside from that, I would like to think about various things in the future.



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google