⑧お客様の不安解消

2024年04月21日

特許を出すことで他者の特許の侵害を防げますか?【リライト版】

(Q)新規事業を立ち上げます。
他者の特許を侵害することは避けたいです。
新規事業について特許を出せば、他者特許の侵害を防げますか?

(A)特許を出せば、他者特許の侵害を防げる可能性は高まります。

ただ、より正確に言えば、次の2点が重要です。
✔(1)特許を出すこと自体が、他者特許の侵害を防ぐわけではない
✔(2)特許を出す際に「ある行為」を行います
→結果的に、他者特許の侵害を防ぐ可能性を高めることができます。

<解説>
新規事業を立ち上げる際は他者特許の侵害を予防することが必要です。
他者特許を侵害すると、刑事罰や民事賠償のリスクがあります。
新規事業どころではなくなるおそれがあります。

新規事業ということで、特許を出すことができるかも知れませんね。
オリジナルの発明(商品・サービス・ビジネスモデルなど)がある
→特許の取得を目指すといいでしょう。

特許を出せば、他者特許の侵害を防げる可能性は高まります。

ただ、この表現は必ずしも正確ではありません。
以下、さらに詳細に説明します。

■(1)特許を出すこと自体が、他者特許の侵害を防ぐわけではない

特許とは、発明を独占できる権利です。
他者特許は、他者がある発明を独占しているということです。

あなたが特許を出すことは、あなたの発明の独占を目指すことです。

あなたが特許を出したとしても、他者特許とは直接関係はありません。

イメージしやすくするために、特許を「地雷」に例えましょう。
他者の特許を侵害するとは、その地雷を踏むということです。

あなたがこの地雷を踏まないためには、どうすればいいでしょうか?



jirai_tanchiki_man
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


あなたも、ご自身の地雷を手に入れますか?(=特許を出しますか?)
それでは、他者の地雷を避けることにはなりませんね。

重要なのは、他者の地雷がどこに埋まっているかを、知ることですね。
このために、他者の特許の内容を、調査することができます(★1)。

これによって、他者の地雷を踏まずに済みます。
つまり、他者特許の侵害を防ぐことができます。

■(2)特許調査によって他者特許の侵害を防ぐ可能性を高められる

ここからが本題です。
本記事ではできるだけ簡潔に説明します。

冒頭の特許を出す際に行う「ある行為」とは、特許調査です!
特許が取れるかどうかを判断するための「特許調査」です(★2)。

特許調査を行うことで、ムリ・ムダ・ムラのない特許戦略が可能です。

つまり、
✔あなたの発明で特許が取れるかどうかが判断しやすくなります
✔調査結果を活かして特許が取りやすい発明に改良することができます
✔最悪の場合は、特許を断念することで、ムダな費用を削減できます

(★2)の調査は、上記(1)の調査(★1)とは、異なります。

(★1):侵害予防調査(どこに地雷が埋まっているか?)
(★2):先行技術調査(あなたの発明で特許が取れるか?)

ただ多くの場合は、
✔(★2)の調査で、実質的に(★1)の調査も行ったことになります

この点については他の記事で述べていますが、ひとことで言えば、
✔(★2)のほうが(★1)よりも調査範囲が広いのです

このように、特許を出す際に、特許調査を行うことが重要です。
他者特許の内容を知ることができます。
結果的に、他者特許の侵害を防ぐ可能性を高めることができます。

<元記事>

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Can issuing a patent prevent infringement of someone else's patent? [Rewritten version]

(Q) I am launching a new business.

You want to avoid infringing on someone else's patents.

If you issue a patent for your new business, can you prevent infringement of other companies' patents?

(A) If you issue a patent, the possibility of preventing infringement of other parties' patents increases.

However, to be more precise, the following two points are important.

✔(1) Issuing a patent itself does not prevent infringement of others' patents

✔(2) Perform a “certain act” when issuing a patent

→As a result, the possibility of preventing infringement of other parties' patents can be increased.

<Explanation>

When starting a new business, it is necessary to prevent infringement of others' patents.

If you infringe on someone else's patent, you risk criminal penalties and civil compensation.

There is a risk that it will not be a new business.

Since this is a new business, it may be possible to issue a patent.

Has an original invention (product, service, business model, etc.)

→It would be a good idea to aim for obtaining a patent.

If you issue a patent, you have a greater chance of preventing infringement of others' patents.

However, this expression is not always accurate.

We will explain this in more detail below.

■(1) Issuing a patent itself does not prevent infringement of others' patents.

A patent is the right to monopolize an invention.

A third-party patent means that someone else has a monopoly on an invention.

When you issue a patent, you aim for a monopoly on your invention.

Even if you issue a patent, there is no direct relationship with other people's patents.

To make it easier to imagine, let's compare patents to "landmines."

Infringing someone else's patent means stepping on that land mine.

What can you do to avoid stepping on this landmine?

Would you like to get your own mine too? (=Will you issue a patent?)

That doesn't mean you're avoiding other people's mines.

The important thing is to know where other people's landmines are buried.

For this purpose, you can investigate the contents of other people's patents (★1).

This will save you from stepping on someone else's landmines.

In other words, you can prevent infringement of others' patents.

■(2) Patent searches can increase the possibility of preventing infringement of others' patents.

Here is the main issue.

In this article, I will try to explain it as briefly as possible.

The "certain act" performed when issuing a patent at the beginning is a patent search!

This is a "patent search" to determine whether a patent can be obtained (★2).

By conducting a patent search, you can develop a patent strategy that is free from unreasonableness, waste, and unevenness.

In other words,

✔Easier to determine whether your invention can be patented

✔You can use the research results to improve your invention to make it easier to obtain a patent.

✔In the worst case scenario, you can reduce unnecessary costs by giving up on patents.

The investigation in (★2) is different from the investigation (★1) in (1) above.

(★1): Infringement prevention investigation (where are landmines buried?)

(★2): Prior art search (Can your invention be patented?)

But in many cases,

✔By conducting the investigation in (★2), you have essentially also conducted the investigation in (★1).

I have talked about this point in other articles, but in short,

✔(★2) has a wider investigation scope than (★1)

In this way, it is important to conduct a patent search when issuing a patent.

You can know the contents of other people's patents.

As a result, you can increase your chances of preventing infringement of others' patents.



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google