①プロフィール・ご案内など

2024年05月15日

弊所で技術的に扱えない案件について【リライト版】

(Q)貴所では所長が最初から最後まで携わってくださるそうですね。
技術分野によっては、扱えない発明もあるということでしょうか?

(A)ご質問ありがとうございます。はい恐縮ですがそのとおりです。
技術分野によっては、弊所ではお受けできないケースもございます。

■弊所で技術的に扱える案件

弊所では、職人のように1件1件、丁寧な仕事を行っております。
100%の自信で対応できない技術分野については、お受けできません。

例えば、審査官経験のある技術分野は、もちろんお受けできます。
(例)電気・電子・情報・インテリア・配線・日用品など

また、長年の特許実務の中で扱った技術については、お受けできます。

さらに「アイデア」自体の内容次第で、お受けできることがあります。
弁理士は、技術そのものではなく、アイデアを扱う専門家だからです。
(この点については、他の記事でも述べます。)

あなたの発明を、弊所でお受けできるかどうか?
お気軽にお問い合わせください。

computer_crt_monitor_desktop
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■弊所で技術的に扱えない案件

弊所で扱えない技術については、他の特許事務所をご紹介いたします。
弊所と連携している特許事務所です。

基本的には、弊所と同様に対応してくれます。
特許事務所の総責任者である、所長の弁理士がすべて担当します。

弊所は、横の連携を深めることに意欲的です。
上記趣旨に賛同してくださる所長弁理士は、ぜひご一報ください。

■ビジネスのトップは、ビジネスのトップに対応してもらいたい!

あなたは、自営業者様でしょうか、あるいは社長様でしょうか。
あるいは個人発明家で、将来ビジネスを興したい方かも知れませんね。
いずれにしろ、ビジネスのトップであり、総責任者でしょう。

ビジネスの相手にも、ビジネスのトップに対応してもらいたい!
そう考えるのは、当然のことです。

特許事務所に依頼する際も同様です。
特許事務所の総責任者である、所長の弁理士にすべて対応してほしい!
そう考えるのは、ごく自然なことでしょう。

弊所では、この要望に応えるために、さまざまな工夫をしております。
このブログでの情報発信も、間接的な意味でこの工夫の一つです。
今後とも、弊所とこのブログをご愛顧のほど、よろしくお願いします。

<元記事>
技術的に扱えない案件について(2015年07月21日執筆)

<関連記事>当ブログのリライトについて

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Regarding cases that we cannot technically handle [Rewritten version]

(Q) It seems that the director at your institute is involved from the beginning to the end.

Does this mean that there are some inventions that cannot be handled depending on the technical field?

(A) Thank you for your question. Yes, I'm sorry, but that's right.

Depending on the technical field, we may not be able to handle some cases.

■Projects that we can technically handle

At our office, we work carefully, one by one, like craftsmen.

We cannot accept requests for technical fields that we do not have 100% confidence in.

For example, if you have experience as an examiner in a technical field, you can of course apply.

(Example) Electricity, electronics, information, interior, wiring, daily necessities, etc.

We can also accept requests for technology that we have handled over many years of patent practice.

Furthermore, depending on the content of the "idea" itself, we may be able to accept your request.

This is because patent attorneys are experts in dealing with ideas, not technology itself.

(I will discuss this point in another article.)

Can we accept your invention?

Please feel free to contact us.

■Projects that we cannot technically handle

For technologies that we cannot handle, we will introduce you to other patent firms.

This is a patent office that collaborates with our firm.

Basically, they will respond in the same way as our office.

The director, the patent attorney, who is the general manager of the patent office, is in charge of all matters.

Our office is enthusiastic about deepening horizontal collaboration.

If you are a patent attorney who agrees with the above objectives, please contact us.

■We want business leaders to respond to business leaders!

Are you a self-employed person or a company president?

Or maybe you are an individual inventor who wants to start a business in the future.

In any case, he is probably the head of the business and the general manager.

I want my business partners to treat the top of the business as well!

It's natural to think so.

The same applies when requesting a patent office.

I want the director, the patent attorney who is in charge of the patent office, to handle everything!

It's only natural to think so.

At our office, we are making various efforts to meet this request.

Providing information on this blog is also an indirect way to do this.

We appreciate your continued patronage of our office and this blog.



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google