└ 権利化後

2024年05月26日

個人発明家のものづくりを助けるOEMの利用【リライト版】

本記事では
「個人発明家のものづくりを助けるOEMの利用」
と題して、OEMについてお伝えします。

<目次>
(1)OEMとは?
(2)OEMを利用するあなたのメリット
(3)OEMを利用するあなたのデメリットは・・・

■(1)OEMとは?

OEM(オーイーエム:original equipment manufacturer)は、
✔他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業のことです。

日本語では
「相手先(委託者)ブランド名製造」
「納入先(委託者)商標による受託製造」
などと訳されます。

ひと言で言えば、OEMは、他の業者に製造をお願いすることです。

例えば、AppleはiPhoneの商品開発は自社で行います。
商品の生産そのものはアジアの工場などで行いますね。
これがOEMの典型例です。

「委託者」「受託者」などの表現は、直観的にわかりにくいですね。
本記事では、
発明者である「あなた」と、製造の依頼先である「製造業者」
として説明します。

そうするとOEMとは、
あなたが、商品の設計や製造を製造業者さんに依頼します。
→製造された商品を、あなたのブランドとして販売できます

business_idea_share
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■(2)OEMを利用するあなたのメリット

一般的なOEMのメリットは、コストの削減です。つまり、
✔低いリスクで生産を維持できる
✔生産コストを気にすることなく柔軟に生産量をコントロールできる
✔生産にかける時間と労力を新製品の開発(発明)に集中できる
などの点です。

ただ、個人発明家であるあなたには、それ以上にメリットがあります。
つまり、
✔発明品を製造できるようになる
これが個人発明家にとって最大のメリットです。

■(3)OEMを利用するあなたのデメリットは・・・大したことない

一般に、OEMを利用すると、以下のデメリットがあります。
①OEM生産に頼りすぎると、生産力や競争力が衰えてしまう
②製造業者に技術的な指導をした場合、彼らが競合相手となる可能性

これらは個人発明家のあなたにとってはデメリットでもないでしょう。
①の点は、元々あなたが生産力を持っていないことも多いでしょう。
②の点は、特許を持っていれば、競合を防げます。

<関連記事>

<元記事>

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Using OEM to help individual inventors create their own products [Rewritten version]

In this article, titled "Using OEM to help individual inventors create their own products," I will tell you about OEM.

<Table of Contents>

(1) What is OEM?

(2) The benefits of using OEM for you

(3) The disadvantages of using OEM for you...

■(1) What is OEM?

OEM (original equipment manufacturer) is

✔ The act of manufacturing products under another company's brand, or the company that does so.

In Japanese, it is translated as "manufacturing under the recipient's (contractor's) brand name" and "contract manufacturing under the recipient's (contractor's) trademark."

In a word, OEM is when you ask another company to manufacture something.

For example, Apple develops its own iPhone products.

The actual production of the products is done in factories in Asia.

This is a typical example of OEM.

Expressions such as "contractor" and "contractee" are difficult to understand intuitively.

In this article, we will explain it as "you" the inventor and "manufacturer" the one who requests manufacturing.

In that case, OEM is,

you ask a manufacturer to design and manufacture the product.

→You can sell the manufactured product under your brand

■ (2) Advantages for you using OEM

The general advantage of OEM is cost reduction. In other words,

✔ You can maintain production with low risk

✔ You can flexibly control production volume without worrying about production costs

✔ You can focus time and effort spent on production on developing (inventing) new products

However, there are even more advantages for you as an individual inventor.

In other words,

✔ You can manufacture your invention

This is the biggest advantage for an individual inventor.

■ (3) Disadvantages for you using OEM are... not a big deal

In general, there are the following disadvantages to using OEM.

① If you rely too much on OEM production, your productivity and competitiveness will decline

② If you give technical guidance to a manufacturer, they may become your competitors

These are not disadvantages for you as an individual inventor.

Point ① is likely something you do not have the production capacity to begin with.

Point ② can be prevented by having a patent.



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google