└ 特許事務所とのお付き合い

2022年09月15日

特許事務所で奇抜なビジネスをやろうと思っていたあの頃

最近、過去にご依頼くださったお客様から、再びご依頼が来ます。
本当にありがとうございます!

■ビジネスで重要なのは差別化?

ビジネスでは「差別化」が重要!と言われます。

弊所:東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の開業は10年前。
開業当時は、差別化を図るためにあれこれ考えたものです。

例えば、このブログに書ける内容だけでも、
①個人発明家専門の特許事務所
②特許にならなかったら返金?
③特許にならないなら無理に特許を出すことを勧めない

ただ、奇抜な方法を採用するのはやめました。

たしかに、ビジネスは「差別化」が重要と言われます。
一方で、ビジネスは「守破離」が重要とも言われます。

まずは、正攻法を深掘りしよう!
結果、差別化できればいいと考えました!

このことはビジネスに限らず、情報発信等も同じですね。
炎上を狙うよりも、良い情報で共感してもらうほうがいいものです。

ご参考までに①~③を補足します。


akusyu_man_ojisan
ブログ広告(東雲7)

ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■①個人発明家専門の特許事務所

これはわたしが元々やりたかったことです。
ある言い方をすれば、そのために国家公務員(審査官)を辞めました。

当時そのような特許事務所はなかったです。
その意味では、奇抜だったのかも知れません。

ただ、そもそも特許とは、個人など弱者のためにあるものです。
何周か回って、正攻法に戻ってきました。

■②特許にならなかったら返金!?

これは公言はしていませんが、いつもそういう気持ちでいます。
結果的にこの10年以上、返金しないで済んでいるのは、なによりです。

お客様のすばらしい発明に恵まれたことに、感謝!

■③特許にならないなら無理に特許を出すことを勧めない

これも①と同様に、元々やりたかったことです。

きちんと特許調査を行う。
特許が難しそうなら、発明の改良を提案する。
どうしても難しければ、積極的に特許の保留をご提案する。

上記の「正攻法を深掘り」とは、主にこの③のことです。

■日本全国のお客様とお会いしたい!

昨日までは、10記事ほど「金沢旅行記」を書いてみました(笑)
(PC画面左の「旅する弁理士」シリーズをご覧ください!)

本記事はまともに弊所のご案内です。
いかがでしたでしょうか?

この10年半で、日本全国にお客様ができました。
本当にありがとうございます!
仕事兼旅行で、日本全国にご挨拶に伺ってみたいと思います!

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Back when I was thinking of doing a strange business at a patent office

Recently, I have received a request again from a customer who requested in the past.

thank you very much!

■What is important in business is differentiation?

“Differentiation” is important in business! It is said that.

Our firm: Shinonome Patent Office opened 10 years ago.

At the time of opening, I thought about various things to achieve differentiation.

For example, just what you can write on this blog,

①Patent office specializing in individual inventors

② Refund if not patented?

(3) We do not recommend issuing a patent by force unless it is patentable.

However, I stopped using quirky methods.

Certainly, it is said that “differentiation” is important in business.

On the other hand, it is said that “shuhari” is important in business.

First of all, let's dig deep into the frontal attack!

As a result, I thought it would be nice to be able to differentiate!

This applies not only to business, but also to dissemination of information.

It's better to get sympathy with good information than to aim for flames.

For reference, I will supplement ① to ③.

■ ①Patent office specializing in individual inventors

This is what I originally wanted to do.

In a way, I quit my job as a national civil servant (examiner) for that reason.

At that time there was no such patent office.

In that sense, it may have been peculiar.

However, in the first place, patents are for the weak such as individuals.

After a few laps, I returned to the straight attack.

■②Refund if not patented! ?

I don't say this publicly, but I always feel that way.

As a result, over the past 10 years, I have been able to do without refunds.

Thank you for being blessed with your wonderful invention!

■ ③ If it is not possible to obtain a patent, we do not recommend issuing a patent by force.

This is also what I originally wanted to do, just like ①.

Do a thorough patent search.

If a patent seems difficult, suggest improvements to the invention.

If it is absolutely difficult, we will actively propose to suspend the patent.

The above “Deeply digging the straight attack method” mainly refers to this ③.

■I want to meet customers all over Japan!

Until yesterday, I tried to write about 10 articles of "Kanazawa travelogue" (laughs)

(See the "Traveling Patent Attorney" series on the left of the PC screen!)

This article is our guide.

What did you think?

In the last 10 and a half years, we have customers all over Japan.

thank you very much!
I would like to visit all over Japan to say hello for work and travel!



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google