└ 特許事務所とのお付き合い

2023年07月25日

1のアイデアを聞いて10の発明をする【特許調査とシフト補正】

「1を聞いて10を知る」という言葉がありますね。

特許の世界で言えば
「1のアイデアを聞いて10の発明をする」
といったところでしょうか。

■特許調査で発明の種も見つかる

私どもは「特許調査」を得意としています。

お客者からこの発明で特許を出したいと依頼を受けます。

その発明について、過去にどんな特許があったのか調査します。
類似の先行特許がなければ、特許になりやすいと判断できます。

一方、類似の先行特許が存在した場合は、以下のいずれかになります。
①特許を出すのを断念する
②しばらく寝かせて改良発明を試みる
③発見された先行特許を参考にして改良発明を試みる

③で多くの改良発明が生まれることもあります。


computer_crt_monitor_desktop
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


特許調査で発見される先行特許には「発明の種」があるものです。

つまり、
✔特許調査を行うことで、その結果、いくつもの発明が生まれる

これが私たちにとって、いろんな意味で最もうれしいことです。
新しいご依頼につながることもあります。

「1のアイデアを聞いて10の発明をする」といった感じですね。
アイデア豊富な方の場合、このようなことは日常茶飯事です。

改良発明が、最初の発明の応用発明の場合もあります。
この場合は、最初のご依頼の続きで特許調査を行えることがあります。
(追加料金は発生しないことが多いです。)

一方、改良発明が、最初の発明からガラッと変わることもあります。
この場合は、別のご依頼として、処理を進めます。

この考え方は、特許の審査における「シフト補正」と同じです。
シフト補正の説明は割愛しますが、わかる方にはおわかりでしょう。

アイデア豊富な方とのお話しは、とても楽しいものです!

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Listen to 1 idea and make 10 inventions [patent search and shift correction]

There is a saying, “Listen to 1 and know 10”.

In the world of patents

"Listen to 1 idea and make 10 inventions"

What a place, such as.

■ The seeds of inventions can also be found in patent searches

We specialize in patent searches.

We receive a request from a customer to issue a patent for this invention.

Find out what patents were granted in the past for the invention.

If there is no similar prior patent, it can be determined that it is likely to be patented.

On the other hand, if a similar prior patent exists, it will be one of the following.

① give up issuing a patent

(2) Let it rest for a while and try an improved invention

(3) Attempt to improve inventions by referring to discovered prior patents

Many improvement inventions may be born in ③.

Prior patents discovered through patent searches contain “seeds of invention.”

in short,

✔Many inventions are born as a result of conducting patent searches

This is in many ways the happiest thing for us.

This may lead to new requests.

It's like listening to one idea and inventing ten.

For those with lots of ideas, this kind of thing happens every day.

An improved invention may be an applied invention of the first invention.

In this case, we may be able to continue the patent search after the initial request.

(There is usually no additional charge.)

On the other hand, improved inventions can be radically different from their original inventions.

In this case, we will proceed with the processing as a separate request.

This idea is the same as "shift correction" in patent examination.

I will omit the explanation of the shift correction, but those who understand it will understand.

Talking to people with great ideas is so much fun!



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google