└ 弁理士&社労士シリーズ

2023年12月17日

忘年会の幹事はしますけど参加はしません【忘年会ランチ】

弊所の忘年会はランチで行います(費用は事務所負担)。
昨年は渋谷に移転したので、スクランブルスクエアの最上階でした!
年に一度の忘年会ランチくらい贅沢しちゃおうっと(笑)

■若手に忘年会の幹事を頼んだらイヤな顔をされた?

あるコンサルタントが書いたこんなニュース記事を見ました。
職場の忘年会について、こんなシチュエーションです。

✔上司が若手に、忘年会の幹事を頼んだ
→若手は冷たい口調で「忘年会なんて何のためにやるんですか?」
→上司としてうまい返しはこう!

その記事では「幹事をやるのもいい経験だ!」みたいな内容でした。

これに対して世の中のコメントは、大半が批判的なものでした。

この話しには、前提となる重要なことが欠けています。
コンサルタントが書籍を売りたくて敢えて書かなかったのか?

弁理士&社労士シリーズ(社労士は未登録)として以下続きます。


wakamono_hanareru_tv
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■忘年会の幹事はしますけど参加はしません

上記事例について、まず労働法規上の原則をお伝えします。
なにを議論するにしても、まずは原則の理解からです。

✔①上司からの若手への指示は「業務命令」として義務が発生
✔②忘年会は参加の義務はない(業務扱いでない場合)

若手には、忘年会の幹事を拒否する根拠はありません(①)。

忘年会を何のためにやるかは、また別の話しです。
若手ならそれこそ、AIにでも聞いてみればいいと思います。

一方で、忘年会自体は、参加する義務はありません(②)。
忘年会の幹事をすること(=業務)とは別の話しです。

①、②から、若手としては、極端に言えば、
「忘年会の幹事はしますけど参加はしません」(★)
と言っても構わないのです。

①、②がこのニュースの大前提です。
幹事をやるのがいい経験かどうかは、その次の話しです。

そんなことは、コンサルだけでなく、みんなご存じと思います。

そうは言っても(★)を上司に言える若手なんていない?

それなら「忘年会なんて何のためにやるんですか?」も同様です。
つまり、この記事の「設定」自体がイマイチということですね。

①、②を実際にどう扱うかは、あなた次第です。
忘年会の是非のようなことを議論するとしても、まずは原則から!
ネットの記事で、誤った知識を身につけないようにしましょう。

■忘年会を楽しむにはどうするか?

いかがでしたでしょうか?

ネットの労働関係の記事は、頭の体操に最適です。
(ライターの意図してまたは意図せず誤解を与える内容は興味深い!)

今後も弁理士&社労士シリーズ(社労士は未登録)を書いていきます。

では、あなたが若手で忘年会の幹事を命じられたらどうするか?

いかにみんなで楽しく幸せになれるかを考えましょう!
幹事を命じられたことを最大限に生かして楽しみましょう!
仕事なんてそんなものですね。

弊所の幹事のわたし(笑)は、豪華なランチを楽しく企画します!

<関連記事>
カラオケに誘われて困ったときの対処法【つながらない権利】

弁理士&社労士シリーズの過去記事はPC画面左のカテゴリー一覧から!

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

I will be the organizer of the year-end party, but I will not participate [Year-end party lunch]

Our year-end party will be held at lunch (the cost will be covered by the office).

Last year we moved to Shibuya, so we were on the top floor of Scramble Square!

I think I'll have a luxury lunch once a year at a year-end party (lol)

■When you asked a young person to be the organizer of a year-end party, did he give you a displeased look?

I saw this news article written by a consultant.

This is a situation regarding a year-end party at work.

✔The boss asked a young person to be the organizer of the year-end party.

→The young man said in a cold tone, “What is the purpose of having a year-end party?”

→As a boss, this is the best way to respond!

The article said something like, ``Being a secretary is also a great experience!''

Most of the comments from people around the world were critical.

This story is missing an important premise.

Did the consultant deliberately not write the book because he wanted to sell it?

This article continues below as part of the patent attorney & social labor consultant series (social labor consultant is not registered).

■I will be the organizer of the year-end party, but I will not participate.

Regarding the above case, I will first explain the principles under labor law.

No matter what we discuss, we must first understand the principles.

✔① Instructions from superiors to junior employees are required as “work orders”

✔② There is no obligation to participate in the year-end party (unless it is treated as business)

There is no reason for a young person to refuse to be the secretary of a year-end party (①).

The purpose of having a year-end party is another topic.

If you are a young person, I think you should ask AI about this.

On the other hand, there is no obligation to participate in the year-end party itself (②).

Being the secretary of a year-end party (= business) is a different story.

From ① and ②, as a young person, to put it in an extreme way,

“I will be the organizer of the year-end party, but I will not participate.” (★)

It's okay to say that.

① and ② are the main premises of this news.

Whether or not being a secretary is a good experience is a matter for further discussion.

I think everyone knows this, not just consultants.

Having said that, are there any young people who can say (★) to their boss?

The same goes for "Why do you have a year-end party?"

In other words, the "settings" in this article themselves are not good.

How you actually handle ① and ② is up to you.

Even when discussing the pros and cons of year-end parties, let's start with the principles!

Avoid acquiring incorrect information from online articles.

■What should you do to enjoy the year-end party?

What did you think?

Labor-related articles on the internet are perfect for exercising your brain.

(It's interesting to see how writers intentionally or unintentionally mislead!)

I will continue to write the patent attorney & social labor consultant series (social labor consultant is not registered).

So, what should you do if you are a young person and are asked to be the organizer of a year-end party?

Let's think about how we can all have fun and be happy!

Let's make the most of what we have been ordered to do as a secretary and have fun!

That's what work is all about.

As the secretary of our office (lol), I enjoy planning luxurious lunches!



shinonomepat at 23:59|Permalink

Google