「前記」でうまく表現できない3すくみの構成要素とは?【リライト版】暑い?都心から10km歩いて渋谷へ!座るところがない問題を実感
TOP ⑨ビジネスネタ └ 弁理士&社労士シリーズ』>

2024年05月04日

AIで労働時間は減るのか?スモールビジネスなら…

ゴールデンウィーク(GW)も終盤ですね。
仕事と休みをバランスよく楽しみたいですね。

最近、AIに関するニュースが多いですね。
本記事はこんなことを考えてみたいと思います。

✔AIで労働時間は減るのか?

わたしはAIのすごさがピンと来ていません^^;
ブログを書きながら学んでいきたいと思います。
好評の「弁理士&社労士シリーズ」でもあります(社労士は未登録)

<目次>
(1)AIで労働時間は減らないだろう
(2)ただしスモールビジネスなら…
(3)労働時間を充実させよう!


ai_man_akusyu
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■(1)AIで労働時間は減らないだろう

さっそく結論ですが、AIで労働時間は減らないと考えます。

AIが生産性効率アップに貢献するとします。
例えば、商品を2倍作れるとします。

その場合、競争の原理で、商品単価が半分になることでしょう。
商品を2倍作っても、同じ利益を得るために、労働時間は減りません。

またそもそも、8時間労働で人員を募集しても、人は集まります。
企業側には、労働時間を短縮する動機は全くないのです。

よって、AIで労働時間は減らないと考えます。

■(2)ただしスモールビジネスなら…

上記(1)は、価格競争があり、人気のある企業の場合です。

スモールビジネスなら、上記(1)は成り立たないかも知れません。

またその会社でしか作れないものを持っていれば競争は起こりません。
AIで2倍作れるなら、労働時間を半分にできるかも知れません。
その会社でしか作れないもの=特許の取得もご検討ください!

特許といえば「士業」もこの条件に当てはまる業種かも知れません。
私どもこそAIをしっかり学ばないといけませんね^^;

そういえば士業は、7時間勤務のところも多いですね。
あなたも士業への就職・転職はいかがでしょうか?

■(3)労働時間を充実させよう!

本記事の結論は、AIで労働時間は減らないというものでした。

でしたら、労働時間を楽しみませんか!
これこそ私たちが、知恵を絞って最も効果が高い人生の課題です。

GW終盤で、そろそろ休みも飽きつつも、時間はありますね!

どうやったら仕事を楽しみ、充実させ、より幸せになれるか?
そんなことを考えてみるのもいいものですね!

AIが特許を取れる発明を創作できるか?をたしかめる方法

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Will AI reduce working hours? If you are a small business...

Golden Week (GW) is also coming to an end.

I want to enjoy a good balance between work and rest.

There has been a lot of news about AI lately.

In this article, I would like to think about this.

✔Will AI reduce working hours?

I haven't really grasped the wonders of AI ^^;

I would like to learn while writing this blog.

It is also part of the popular "Patent Attorney & Social Labor Consultant Series" (social labor consultant is not registered).

<Table of contents>

(1) AI will not reduce working hours

(2) However, if it is a small business...

(3) Make the most of your working hours!

■(1) AI will not reduce working hours

To conclude right away, I don't think AI will reduce working hours.

Suppose that AI contributes to increasing productivity efficiency.

For example, let's say you can make twice as much product.

In that case, due to the principle of competition, the unit price of the product would probably be halved.

Even if you make twice as much product, your labor hours will not decrease in order to get the same profit.

Also, in the first place, even if you recruit people for 8-hour workdays, people will still come.

Companies have no incentive to shorten working hours.

Therefore, I believe that AI will not reduce working hours.

■(2) However, if it is a small business...

Case (1) above applies to a popular company with price competition.

For small businesses, (1) above may not hold true.

Also, if a company has something that only that company can make, there will be no competition.

If AI can produce twice as much, it may be possible to cut labor hours in half.

Please consider obtaining a patent for something that can only be made by that company!

Speaking of patents, the ``professional profession'' may also be a type of industry that falls under this condition.

We have to learn AI properly ^^;

Come to think of it, there are many 7-hour shifts in the profession.

How about finding a job or changing jobs to a professional career?

■(3) Improve your working hours!

The conclusion of this article was that AI will not reduce working hours.

Then why not enjoy your working hours!

This is the challenge in life where we can use our wisdom to be most effective.

It's the end of GW, and I'm getting tired of holidays, but I still have time!

How can you enjoy your work, be more fulfilled, and be happier?

It's good to think about that!



「前記」でうまく表現できない3すくみの構成要素とは?【リライト版】暑い?都心から10km歩いて渋谷へ!座るところがない問題を実感

Google