仕事納めのご挨拶(兼、年末年始も稼働のお知らせ)特許請求の範囲に請求項を複数記載する理由と特許調査【リライト版】
TOP └ 特許にならないアイデア ⑩時事ネタ』>

2023年12月29日

エスカレーターの乗り方のアイデアで特許を目指せるか?

お正月休みの方も多いですね。都心は人・人・人でした(笑)
エスカレーターも左一列が大行列になっていたところもありましたね。

今日はそんなエスカレーターの話題です。

■エスカレーターの乗り方のアイデアで特許を目指せるか?

エスカレーターの乗り方がニュースで話題になっていましたね。
名古屋や埼玉など、条例化したところもあったようですね。

エスカレーターの乗り方のアイデアをみんなで出すのはいいですね。

では、エスカレーターの乗り方のアイデアで特許を目指せるか?

答えは「ノー」です。
エスカレーターを歩かない、二列で乗るなどは人為的な取り決めです。
そういう取り決め事は、発明には当たらず、特許は目指せません。

一方「物のアイデア」にできれば、特許を目指せます。

以前見たのは、エスカレーターにLED表示をして人を誘導するもの。
こういう物のアイデアなら、発明として特許を目指せます。

business_idea_share
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■エスカレーターの左一列が大行列は想定内?

ここからは頭の体操でいろいろ考えてみましょう。
エスカレーターの「左一列が大行列」は問題でしょうか?

(1)左一列が行列の状態が最終目標だった?

エスカレーターの左一列が行列になるのは、想定内だと思います。
エスカレーターを歩くな!というルールなら、そうなるのは自然です。

状態Aにしたいとき、Aになれ!をルールにするのは単純過ぎます。
Aになれ!というルールのもとで、最適な状態になるものです。

(こういう理論や学問は「ゲーム理論」と言われます。)
(これまで右側を歩いていたのも、最適な状態だったはずです。)

「左一列を行列」にするのが最終目標だったのかも知れませんね。
それなら「歩くな」をルールをしたのも合理的です。
実際、左一列が行列になって、困る人は少ないからです。

(2)左一列が行列でも困る人は少ない

世の中には、急ぐ人と急がない人がいます。

急がない人は行列でも平気です。行列の長さは関係ありません。
のんびりスマホでも楽しめばいいでしょう。

急ぐ人は、空いている右側にすぐ立つことができますね。
下手に2列に分かれていると、急ぐ人まで行列に巻き込まれます。

人間の心理は「輸送効率」みたいなもので分析できないものです。

後半はいかがでしたでしょうか?あなたはどうお考えですか?
こんな問題をみんなで議論できる平和な日本!感謝ですね!

<関連記事>
「特許にならないアイデア」はPC画面左のカテゴリー一覧から!

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Can you aim for a patent for your idea of how to ride an escalator?

Many people are on New Year's holiday. The city center was people, people, people (lol)

There was also a place where there was a long line on the left side of the escalator.

Today we will be talking about escalators.

■Can you aim for a patent for your idea of how to ride an escalator?

How to ride an escalator was a hot topic in the news.

It seems that some places, such as Nagoya and Saitama, have enacted regulations.

It would be great if everyone could come up with ideas for how to ride the escalator.

So, can you aim for a patent for your idea of how to ride an escalator?

The answer is no.

Not walking on escalators or riding in two rows are artificial arrangements.

Such arrangements do not constitute inventions and cannot be patented.

On the other hand, if you can develop an idea into a product, you can aim for a patent.

The one I saw before was one with LED displays on the escalator to guide people.

If you have an idea for something like this, you can aim for a patent as an invention.

■Is it expected that there will be a long line on the left side of the escalator?

From here, let's think about various things using mental exercises.

Is it a problem that there is a large line on the left row of escalators?

(1) Was the final goal a state where the first row on the left was a matrix?

I think it's to be expected that there will be a line on the left side of the escalator.

Don't walk on the escalator! If that's the rule, it's only natural that this happens.

When you want to be in state A, become A! It is too simplistic to make it a rule.

Become A! Under these rules, the optimal state is achieved.

(This kind of theory and study is called "game theory.")

(Up until now, walking on the right must have been the optimal situation.)

The final goal may have been to make "the first column on the left a matrix."

If that's the case, it's reasonable to make the rule "don't walk."

In fact, there are very few people who would be bothered by the line on the left.

(2) Few people have problems even if the first row on the left is a queue.

In this world, there are people who hurry and people who don't.

People who are not in a hurry are fine with waiting in line. The length of the line doesn't matter.

You can enjoy it leisurely on your smartphone.

If you are in a hurry, you can stand on the empty right side.

If the line is poorly divided into two lines, even people who are in a hurry will get caught up in the line.

Human psychology is something like "transportation efficiency" and cannot be analyzed.

How was the second half? What do you think?

A peaceful Japan where everyone can discuss these issues! Thank you!



仕事納めのご挨拶(兼、年末年始も稼働のお知らせ)特許請求の範囲に請求項を複数記載する理由と特許調査【リライト版】

Google