新幹線の席を倒すときどうする?のアイデアで特許を目指せるか?「一部を見て全体を批判しない」をお天気ニュースで学ぶ【全豹一斑】
TOP ⑨ビジネスネタ └ 歌う弁理士「歌弁」』>

2023年12月15日

堂々と自信を持てるコツ~歌も堂々と【プロとアマの違い】

本記事は堂々と自信を持てる考え方をお伝えします。
話し方、歌、振る舞い、文字、イラストなどに応用できます。

■カラオケで聞こえてくる曲はプロ?アマ?

カラオケに行って、部屋の外から歌が聞こえてくることがありますね。
この歌が、BGM(プロ)かカラオケ(アマ)か区別できますか?

プロとアマの違いはいろいろありますが、わかりやすい一つの基準は、
✔歌声にブレがない!

音程については、アマチュアでもほぼパーフェクトな人もいます。
ただ、声のブレ・ゆらぎについては、プロとアマで全く違います。

例えば、低年齢の歌手をYouTubeで見てみるといいと思います。

映画やドラマのセリフなどもそうです。
どんな子役も、プロはプロの話し方をしています。
ですので、堂々としています。

私たちはこのことから学んでみましょう!


business_idea_share
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


①話し方、振る舞いなど

私たちも、日ごろからできるだけ堂々と振る舞いましょう。
実際はドキドキしていても、他人からはわからないのですから。

②文字、イラストなど

できるだけ震えないように、力強く書き(描き)ましょう。

ちなみに、以前当ブログで取り上げたわたしのイラストはこちら(笑)

rabbit


このイラストが下手に見える主要因は、震えているからです。
力強く描けば、少なくとも「下手」は脱出できます。
あとは「個性」ということになります。

③歌、話し方など

歌も堂々と大きな声で歌いましょう。

ちなみに、歌や話し方は、レッスンを受けることもできます。
YouTubeなら無料で学べます(内容には限界がありますが)

どんな子役だってプロになるために圧倒的に練習しています。
私たち大人も、いくらでも見習えることがありますね。

(追記)本記事を書いたきっかけメモ
・あるユーチューバーはたまにウィスパーボイスで話す
→そのときは説得力もなく、耳障りも悪い。再生回数も伸びない。
・YouTubeのボイトレ動画のおかげでロングトーンが安定してきた
→カラオケで高得点が出やすくなった(歌の上手さは別の話し)
・右腕を直すために筋トレに加え、ペン字も始めました
→文字が震えないだけで、本当にしっかりした文字に見える

<関連記事>
【継続のコツ4選】今度こそ腕の治療を継続します!

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Tips for being dignified and confident - Singing confidently [Difference between professionals and amateurs]

This article will give you ideas on how to feel confident.

It can be applied to speaking, singing, behavior, writing, illustrations, etc.

■Are the songs you hear at karaoke professional? Amateur?

Sometimes you go to karaoke and hear the singing coming from outside the room.

Can you tell if this song is BGM (professional) or karaoke (amateur)?

There are many differences between professionals and amateurs, but one standard that is easy to understand is:

✔ No blurring in your singing voice!

When it comes to pitch, some amateurs have almost perfect pitch.

However, when it comes to voice blurring and fluctuation, there is a complete difference between professionals and amateurs.

For example, I think it would be a good idea to look at young singers on YouTube.

The same goes for lines from movies and dramas.

No matter what child actor you are, a professional speaks in a professional way.

Therefore, I am proud.

Let us learn from this!

①How to speak, behave, etc.

Let's all behave as dignifiedly as possible on a daily basis.

Even if you're actually excited, other people won't be able to tell.

② Text, illustrations, etc.

Write (draw) powerfully and try not to tremble as much as possible.

By the way, here is my illustration that was previously featured on this blog (lol)

The main reason this illustration looks bad is because it's shaking.

If you draw powerfully, you can at least escape from being "bad".

The rest is "personality".

③Singing, speaking, etc.

Let's sing loud and confidently.

By the way, you can also take lessons on how to sing and speak.

You can learn for free on YouTube (although there are limits to the content).

Every child actor practices overwhelmingly in order to become a professional.

Even we adults can learn from them.

(Additional note) Memo of why I wrote this article

・Some YouTubers sometimes speak in a whisper voice

→At that time, it wasn't convincing and it was jarring. The number of views is also not increasing.

・Thanks to the voice training videos on YouTube, my long tone has become more stable.

→It's now easier to get high scores at karaoke (singing skills are another story)

・In addition to muscle training to repair my right arm, I started writing with a pen.

→The characters just don't shake and look really solid.



新幹線の席を倒すときどうする?のアイデアで特許を目指せるか?「一部を見て全体を批判しない」をお天気ニュースで学ぶ【全豹一斑】

Google