「タイパ」という言葉が気持ち悪いならこう考えよう!昔の曲で人気はなかったけど好きだった曲はありますか?
TOP └ アイデアの発掘 ⑨ビジネスネタ』>

2023年10月20日

「24時間戦えますか?」が気持ち悪いならこう考えよう!

「24時間戦えますか?」
この言葉に違和感がある方は、ぜひ本記事をどうぞ!

本記事は昨日の記事の逆のパターンです。
「タイパ」という言葉が気持ち悪いならこう考えよう!

昨日の記事は「若者言葉」が苦手な年配者向け。
本記事は、昔の言葉が苦手な若者向けですが、どなたもご覧ください!

<目次>
(1)なぜ「24時間戦えますか?」を気持ち悪く感じるのか?
(2)「24時間戦えますか?」の本質は?(抽象化)
(3)あなたなりの「24時間戦えますか?」の生かし方(具体化)

■(1)なぜ「24時間戦えますか?」を気持ち悪く感じるのか?

今日は昨日の「タイパ」と違って、時代の流れですね。
近年では「24時間戦えますか?」と言う人はほとんどいないでしょう。

いや、いるとしたら事業者の方ですね。

事業者としてうまくいく方は、ビジネスを楽しむ方が多いでしょう。
(わたしもそうです。24時間戦えます!楽しんでいます!)

弊所:東雲特許事務所では、そんな事業者を応援します!

wakamono_hanareru_tv
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


■(2)「24時間戦えますか?」の本質は?(抽象化)

「24時間戦えますか?」の本質を考えてみましょう。

抽象化したり、上位概念化したりするといいですね。

一つの考え方としては「24時間を充実して過ごす」でしょうか。
これなら悪いものではありません。

この言葉が流行った頃、サラリーマンにとっては、
✔充実して過ごす=働く

だったと言えるでしょう。そしてそれが当たり前だった。

近年は良くも悪くも、そうは言わない風潮ですね。

「24時間戦えますか?」
=「24時間働けますか?」
=「24時間ツラく大変な作業をしますか?」
のように解釈するのは、本当にもったいないと思います。

■(3)あなたなりの「24時間戦えますか?」の生かし方(具体化)

抽象化できたら、今度は具体化しましょう。
あなたなりに「24時間戦えますか?」の生かし方を探しましょう!

つまり「24時間を充実して過ごす」ということです。

自分で選択したことを24時間、全力で楽しむと言ってもいいですね。

わたしのような事業者なら、24時間ビジネスをしてもいいでしょう。

会社にお勤めの方でしたら、オンオフのメリハリがあるといいですね。

■昔の用語(他世代の用語)を毛嫌いせずに生かす

「24時間を充実して過ごす」
これを意識するだけで、楽しいし幸せです。

これも「24時間戦えますか?」という言葉が流行ったおかげです。
「気持ち悪い」で終わりにしないと、こんなイイこともあるのです!

「24時間~」は「年配者の用語」と上位概念化することもできます。
他世代用語を毛嫌いせず、うまく生かせないか考えるのもいいですね。

この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

If you feel uncomfortable asking “Can you fight 24 hours a day?”, think about it this way!

“Can you fight 24 hours a day?”

If you feel uncomfortable with this word, please read this article!

This article is a reverse pattern of yesterday's article.

If the word “Taipa” makes you uncomfortable, think about it this way!

Yesterday's article is aimed at older people who don't like "young people's words."

This article is aimed at young people who are not good at old words, but everyone is welcome to read it!

<Table of contents>

(1) Why do you find "Can you fight 24 hours a day?" disgusting?

(2) What is the essence of “Can you fight 24 hours a day?” (abstraction)

(3) How to utilize “Can you fight 24 hours a day?” in your own way (materialization)

■(1) Why do you find "Can you fight 24 hours a day?" disgusting?

Today is different from yesterday's "Taipa", it's the flow of the times.

In recent years, very few people have asked, "Can you fight 24 hours a day?"

No, if there is one, it's probably a business person.

Many people who are successful as business owners enjoy doing business.

(So do I. I can fight 24 hours a day! I'm having fun!)

At Shinonome Patent Office, we support such businesses!

■(2) What is the essence of “Can you fight 24 hours a day?” (abstraction)

Let's consider the essence of "Can you fight 24 hours a day?"

It would be good to abstract or conceptualize it at a higher level.

One idea would be to "spend 24 hours to the fullest."

This is not a bad thing.

When this word became popular, for office workers,

✔Enjoy your life = work

You could say it was. And that was the norm.

In recent years, for better or worse, the trend is not to say that.

“Can you fight 24 hours a day?”

= “Can you work 24 hours a day?”

= “Would you like to do hard work 24 hours a day?”

I think it's really a waste to interpret it like this.

■(3) How to utilize “Can you fight 24 hours a day?” in your own way (materialization)

Once you have abstracted it, it's time to make it concrete.

Find your own way to make use of "Can you fight 24 hours a day?"!

In other words, "spend 24 hours to the fullest."

It's safe to say that you can enjoy whatever you choose for 24 hours to the fullest.

If you're a business owner like me, you can run your business 24 hours a day.

If you work at a company, it would be nice to have a good balance between working and working.

■Use old terminology (terminology from other generations) without hating it

"Spend 24 hours to the fullest"

Just being aware of this makes me happy and happy.

This is also due to the popularity of the phrase "Can you fight 24 hours a day?"

If you don't end with "disgusting", there will be such good things!

"24 hours" can also be conceptualized as a "term for the elderly."

It's a good idea to stop hating the terms of other generations and think about how you can put them to good use.



「タイパ」という言葉が気持ち悪いならこう考えよう!昔の曲で人気はなかったけど好きだった曲はありますか?

Google