ブログを3000記事書いてみた~継続できたコツもお伝えします!「やりたいことをやって自由に楽しく生きる」を少し取り入れてみよう!
TOP └ アイデアの発掘 └ 拒絶理由』>

2022年11月25日

最先端の研究でも特許にならない例【進歩性が高い発明とは】

技術力と、発明の進歩性(特許になりやすさ)とは、異なります!

■最先端の研究でも特許にならない例

「特許」というと、最先端技術の証のように思われるかも知れません。

特許になるためには「発明の進歩性」が必要です。
「進歩」という言葉が最先端技術をイメージするのかも知れませんね。

たしかに最先端技術で特許が取れることもあるでしょう。
ただ、最先端技術に限らず、特許は取れます。

つまり、この点の理解が重要ですね。
✔発明の進歩性が高いとはどういうことか?

この点は一口で説明できるものではありません。
(特許の業界で、最も難しい概念の一つとされています。)

以下では、発明の進歩性の理解のために、一例を示してみます。
最先端技術(ガン治療薬の開発)を用いて説明してみたいと思います。


kenkyu_man_seikou
ブログ広告(東雲7)
ブログ広告(ひーじー13)2ひーじー13お腹と背中gif
マスクポーチ画像poach2


ここに100種類の化学物質があります。
うまく組み合わせると、ガン治療薬ができるとします(★1)

あとはその組み合わせを研究していくことになりますね(★2)
理論上は2の100乗で0が30個並ぶ、壮大な組み合わせ数の研究です。

ここで発明の進歩性を考えてみましょう。

(★1)の発見は、発明です。発明の進歩性は高いです。

仮に(★2)の研究の結果、ガン治療薬ができたとしましょう。
ただこの場合の(★2)の研究は、発明の進歩性は高くないです。

(★2)の研究中に101番目の化学物質が発見されたとします(★3)
この発見は、進歩性が高い発明と言えるでしょう。

■0から1を生み出そう!

いかがでしょうか?

ビジネス書などの表現を借りるとすれば、
✔(★1)は0から1を生み出したと言えるでしょう。
✔(★2)はいわば作業です。創作性が高いとは言えません。
✔(★3)は改良発明というところでしょうか。

現実の仕事では、
✔(★1)のような発明は難しいものです。(挑戦のし甲斐あり!)
✔(★2)のような作業ばかりという仕事も多いでしょう。
✔(★3)のような感覚も取り入れると仕事も楽しいものです。

特許を取るために、最先端技術かどうかは、関係ありません。
あなたも日常の中で楽しく発明してみませんか?

<関連記事>
発明の進歩性に関してはカテゴリー「拒絶理由」もご覧ください。
カテゴリー一覧は、PC画面左です。

<お知らせ>
この続きに本文の<機械翻訳>があります。
本記事がいいなと感じたら「シェア」や「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

********************************
【PR】個人様・社長様に特化&元特許審査官が運営する特許事務所!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽にこちらからどうぞ!
https://www.patande.com/お問い合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
********************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
https://www.patande.com/
【特許ドットコム】
個人・小規模事業者のための特許出願
https://tokkkyo.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
https://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
https://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
https://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
https://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページで、より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【note】
noteはじめました!ブログとYouTubeを同時に楽しめます。
https://note.com/tokkyoblog

特許ドットコム  実案ドットコム2  商標ドットコム2  ロゴ+東雲特許事務所(250×220)
東雲ブログのバナー
ひーじーサムネイル付き画像2hiijii13

idecompany

東雲youtube
https://youtu.be/sJgjSOk72i4
音は出ませんのでぜひご覧ください

<機械翻訳>

Examples of state-of-the-art research that cannot be patented [Inventions with high inventive step]

Technical ability and inventive step (ease of obtaining a patent) are different!

■ Examples of state-of-the-art research not patentable

The word “patent” may sound like a proof of state-of-the-art technology.

In order to obtain a patent, the invention must have an inventive step.

The word “progress” may conjure up an image of cutting-edge technology.

It is true that some cutting-edge technologies can be patented.

However, not only cutting-edge technology can be patented.

So it's important to understand this point.

✔ What does it mean that the inventive step of the invention is high?

This point cannot be explained in one word.

(It is considered one of the most difficult concepts in the patent industry.)

An example will be shown below to understand the inventive step of the invention.

I would like to explain using cutting-edge technology (development of cancer treatment drugs).

There are 100 chemicals here.

Suppose that a cancer drug can be created by combining them well (*1).

After that, you will have to research the combination (★2)

Theoretically, 2 to the 100th power has 30 0s, which is a huge number of combinations.

Now let us consider the inventive step of the invention.

The discovery of (*1) is an invention. The inventive step of the invention is high.

Suppose that the research (★2) results in a cancer drug.

However, in this case (*2), the inventive step of the invention is not high.

Suppose that the 101st chemical substance is discovered during the research of (★2) (★3).

This discovery can be said to be a highly inventive invention.

■ Let's create 1 from 0!

What do you think?

If I were to borrow an expression from a business book,

✔ (★1) can be said to have created 1 from 0.

✔ (★2) is work. I can't say I'm very creative.

✔ (★3) is an improved invention.

In real work,

✔ Inventions like (★1) are difficult. (The challenge is worth it!)

✔ (★2) There are probably many jobs where you just do things like this.

✔ If you incorporate the senses like (★3), your work will be fun.

To get a patent, it doesn't matter if it's cutting edge technology or not.

Why don't you enjoy inventing in your daily life?



ブログを3000記事書いてみた~継続できたコツもお伝えします!「やりたいことをやって自由に楽しく生きる」を少し取り入れてみよう!

Google