「依頼すべきかどうかも含めて相談したい」方もお気軽にどうぞ下請けの下請けである「孫請け」がなぜ存在?【士業の魅力シリーズ】
TOP └ アイデアの発掘 └ 拒絶理由』>

2019年02月02日

目の錯覚「錯視」は特許で保護できるか?

京急線の駅の床に「穴」をあけた?
そんなお話しです。

■京急線の駅の床に「穴」?をあけた?

京急線の羽田空港国際線ターミナル駅に、面白い案内板が登場したそうです。

目の錯覚「錯視」を利用した駅の案内板です。

★ネットの写真を出すのは問題があるので、以下、簡単に説明します。

「ホーム行きエレベーターはこちら」という案内看板が床に置かれています。その方向を示す「矢印形の穴」が、床にあいているように見えます。

これが、実際は平面の「絵」なのです。

床に穴があいているように見えるのは、目の錯覚「錯視」ですね。

人目を引く「錯視サイン」を設置することで、事故防止の効果があるそうです。

■目の錯覚「錯視」は特許で保護できるか?

京急線の錯視サインは、すばらしいアイデアですね。
このようなアイデアを、特許で保護できるといいですね。

本記事では簡単に述べますが、以下のように特許で保護できる可能性があります。

①「錯視」という概念自体は、特許の保護対象である「産業上利用できる発明」ではないと考えます。

②錯視を生じさせる「絵」「イラスト」なども、それ自体は①と同様です。

③「錯視を利用した物品(例えば、案内板)」は、産業上利用できる発明として、特許の保護対象になります。

④床に設置するもののように、一種の不動産のようなものでも、発明として特許の保護対象になることがあります。


いかがでしたでしょうか。

④のように、特許の対象にならないようなものでも、特許の書類の書き方しだいでは、特許で保護できることがあります。頭の体操にいろいろ考えてみるのも面白いですね。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」「Tweet」「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

当ブログのサイトマップはこちら!

******************************
【PR】個人発明家・小規模事業者に特化&元特許審査官が運営する特許事務所です!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
******************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://www.tokkyoblog.com/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2ひーじーサムネイル付き画像谷村さんひーじーサムネイル付き画像
音は出ませんのでぜひご覧ください!


「依頼すべきかどうかも含めて相談したい」方もお気軽にどうぞ下請けの下請けである「孫請け」がなぜ存在?【士業の魅力シリーズ】

Google