【Q&A】この発明は、本当にわたしが最初に発明したのでしょうか?自社で取りたい特許と、他社に取られたくない特許
TOP └ 特許・実用新案の申請 └ 拒絶理由』>

2015年05月12日

【Q&A】特許と実用新案の出願書類は同じでよいか?分量編(1)

(Q)以前、特許事務所に依頼して実用新案を出願しました。今度は自分で特許を出願しようと思います。実用新案の出願書類を参考にして、同じように記載すればいいのですね?

(A)特許と実用新案の出願書類は、基本的には同じ形式で構いません。ただ、以下のような考え方を知っておくとよいでしょう。

●特許と実用新案の書類の分量の違い


一般に、特許の出願書類の方が、実用新案の出願書類よりも、分量が多くなる傾向にあります。なぜでしょうか?

実用新案の対象である考案よりも、特許の対象である発明の方が、技術的に高度だからでしょうか?たしかにそういう面もあります。

しかし、「同じアイデア」の権利化を目指す場合であっても、特許の出願書類の方が分量が多くなる傾向にあります。特許と実用新案の本質的な違いは、以下のとおりです。

●特許と実用新案の本質的な違い


実用新案では、基本的に、出願書類に記載された内容で、そのまま実用新案登録されます。

一方、特許では、特許になるまでの間に、審査が行われます。審査では、すでに公知である類似の発明が提示されて、その存在を理由に特許が拒絶されることがあります。この場合、発明の内容を限定することができます。発明を限定して、類似の部分を除外することで、特許されることがあります。

特許では、この発明を限定するための根拠(ネタ)を、出願書類に書いておく必要があるのです。ネタを多く書いておけば、特許される可能性が高まるだけでなく、より広い権利化を目指せる可能性が高まります。

別の言い方をすれば、出願書類を「細かく」書いておくということです。この「細かく」が、特許の方が出願書類の分量が多くなる、本質的な理由です。

●出願書類を「細かく」書いておくイメージ


「細かく」について、以下のようなイメージで、理解が深まるでしょうか。

手で割ることができる板チョコが2枚あります。板チョコAは30個に分割できます。板チョコBは4個に分割できます(板チョコAの方が、「解像度が高い」とも言えるでしょう。)。

板チョコの一部が、悪くなってしまったとしましょう。板チョコAであれば、30個のうち、悪くなった数個だけを捨てれば、残りは大丈夫です。板チョコBでは、細かく分割できないので、4個のうち、半分くらいを捨てなければならないかも知れません。

板チョコAの方が、多くのチョコを救済できます。

特許の出願書類も、イメージとしては、これと同じです。多くのチョコを救済できることと、より広い特許を目指せることが、リンクできましたでしょうか?ざっくり言えば、ネタ(発明の変形例・応用例など)を、30個記載しておくか、4個を記載しておくか、ということです。

なお、だからと言って、出願書類に、なんでもかんでも、たくさん書いておけばいいというわけではありません。いたずらに出願書類の分量を増やすのは、出願書類の書き手も、それをチェックする発明者も、審査官も、過度な負担になりますし、総合的に見て必ずしも特許出願人にメリットがあるとは言えません。

●どの内容を細かく・たくさん書いておくべきかは特許調査で分かる


要はバランスの問題です。一般的に、こういう内容をたくさん書いておいた方が効果的である、というものがあります。

また、どの部分が「悪くなる」可能性が高いか、予めわかっていれば、その部分の「解像度」を重点的に上げておくことができるはずです。そのためには、どのような類似の発明(先行特許)が存在するのかを、特許出願の前に調査しておくことが有効です。

次の記事では、「悪くなった板チョコ」の特許版について、より具体的な事例で説明します。

最後までお読みくださりありがとうございました。
東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の田村でした。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」「Tweet」「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

******************************
【PR】個人発明家・小規模事業者に特化&元特許審査官が運営する特許事務所です!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
******************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2


【Q&A】この発明は、本当にわたしが最初に発明したのでしょうか?自社で取りたい特許と、他社に取られたくない特許

Google