当ブログの記事一覧(アーカイブ)について特許と実用新案との間の変更について
TOP └ 特許・実用新案の申請 └ 特許事務所とのお付き合い』>

2015年01月19日

【Q&A】特許にするか実用新案にするかを、創作した物で決めるということはありますか?

(A)ある物を創作しました。何らかの権利を取得したいのですが、実用新案か特許かとは考えませんでした。
創作者の意図とは別にして、その物は実用新案が良いのか、特許の方が良いとか、物で決めるということはあるのでしょうか。

(Q)弊所では、物そのものだけで、特許か実用新案かを決めるということは、原則としてありません。

簡易な物は実用新案で、高度な物は特許で、という考え方もあります。

しかし、簡易な物だからと言って、特許にならないというわけではありません。
(その創作物が、明らかに、すでに知られているものと同じかほとんど同じというケースを除きます。)

また、高度な物であっても、とりあえず権利(実用新案権)を取得しておくことが有効な場合があります。
そして、売れ行きなどに応じて、改めて特許の取得を目指すという考え方もあります。
(この点については、次の記事で説明します。)

したがって、一律に、簡易な物は実用新案で、高度な物は特許で、と決めることはできません。
弊所では、実用新案か特許かを決める際に、物で決めるということはありません。

お客様との打ち合わせの段階で、創作物の詳細や、権利をどのように生かしたいのかを十分に伺います。
そのうえで、最善の方策をオーダーメイドします。

以上、ご参考になれば幸いです。

なお、その物の本質が「アイデア」の場合は、特許か実用新案ということになりますが、その物の本質が「デザイン」の場合には、「意匠」という権利もあります。
アイデア自体は公知だとしても、新しいデザインを創作した場合には、意匠権として権利取得できる場合があります。

最後までお読みくださりありがとうございました。
東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の田村でした。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」「Tweet」「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

******************************
【PR】元特許審査官&個人・小規模事業者に特化した特許事務所です!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
******************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2



当ブログの記事一覧(アーカイブ)について特許と実用新案との間の変更について

Google