アイデアをモノ(商品)にするこんな方法実用新案の申請を特許事務所(弁理士)に依頼するときに必要な図面について
TOP └ アイデアの発掘 └ 特許・実用新案の申請』>

2014年12月06日

永久機関と特許について

永久機関の発明・・・
多くの発明家、というと言い過ぎでしょうけど、ある一定数の発明家にとって、永久機関は、夢の発明の一つでしょう。

ここでは、永久機関と特許について、特許審査官的な視点を交えつつ、考えてみたいと思います。
果たして、永久機関は特許になるのか?
そんなことをお考えの方には、なにかのヒントになることでしょう。

(1)永久機関の正体について

永久機関の一つの形態として、「自然法則に反するもの」があります。
自然法則に反するけれども、機関の構成をあれこれいじっているうちに、なんだか永久機関になっちゃった!
そんな感じのものです。これは、特許にはなりません。

ではなぜ、そのような永久機関になっちゃったのか?
以下では、一つの考え方を示します。

「1=2の証明」というのをご存知でしょうか。

*****************
b=aとする。
この両辺にaを足すとa+b=2a。
両辺から2bを引くとa-b=2a-2b。
(a-b)=2(a -b)
両辺を(a-b)で割ると1=2
*****************

この証明、結論が間違っています。
しかし、どこがおかしいのか、わかりにくくなっています。
これをより複雑にしたのが、永久機関の一態様だと考えます。
どこか機関の一部に、自然法則に反する部分があります。
しかし、その部分を指摘することが難しい、そんなものです。

<(1)のまとめ>
永久機関を発明した!と思っても、実際はどこか間違っている可能性があります。
十分な検証が必要です。
できれば、試作品を作ってみて、本当に永久機関になっているか(永久運動できるか)たしかめてみましょう。


(2)永久機関の特許出願について

永久機関の特許出願はそれなりの数、存在します。
特許庁には、「永久機関」「永久運動」に関する、特許分類(特許を分類したインデックス)も存在します。
しかし、上記のとおり、自然法則に反する部分を指摘するのが難しい場合があります。
では、特許の専門家(特許審査官、弁理士)は、永久機関をどのように扱うのでしょうか。

●特許審査官
永久機関を専門に扱う審査官がいます。
どこが自然法則に反しているか、指摘が難しい場合もあるでしょう。
その場合には、十分に説明して、じっくり説得して、特許を拒絶するのでしょうね。

あるいは、「永久機関ではないただの機関として」特許することもあるかも知れません。

ここで重要なのは、たとえそのような機関が特許になったとしても、あまり意味はないということです。
発明家(特許権者)にとっては、自分の永久機関が認められたと感じるかも知れません。
しかし、その機関が、実社会において何ら役に立たなければ、特許の意味はあまりないでしょう。

●弁理士
永久機関っぽい発明の依頼があった場合は、諸事情で、ただちに依頼を断ることもあると思います。
また、じっくり説明を聞いて、何らかのアイデアとして成立するなら、依頼を受けることもあります。
例えば、永久機関とは言えないものの、「効率的なエネルギー出力装置」とか、「エネルギー変換装置」などです。


(3)東雲特許事務所の扱いについて

弊所では、永久機関っぽい発明の依頼があっても、基本的にただちに依頼を断ることはありません。
じっくり説明を聞いて、アイデアとして成立する部分がないかを検討します。
そのうえで、アイデアとして成立しないなら、依頼を受けませんし、アイデアとして成立するなら、依頼を受けます。
いずれにしても、十分に検討を尽くして、十分にご説明します。

個人的に、永久機関そのものは否定的ですが、「永久機関っぽい」発明は、考えるのが楽しいです。
例えば、機関の一部に、太陽光とか、波の力とか、季節の寒暖差とか、そういう自然のエネルギーを使えば、何かできる可能性はあります。
その他、多くの人から(知らぬ間に)少しずつエネルギーを得ることで、多くのエネルギーを出力できる可能性もあります。

永久機関に関する依頼があったときに、検討や説明には、多大な時間を使うこともあるでしょう。
たとえ、検討料や相談料を頂いたとしても、割に合わない場合もあります。
しかし、楽しいからいいんじゃないかな、という感じです。

もしあなたが、永久機関(っぽい?)発明を思いついたら、ぜひ弊所までお知らせください。
じっくり議論しましょう。そして、最善のオーダーメイドの特許戦略をご提案したいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。
東雲特許事務所(しののめ特許事務所)の田村でした。

<お知らせ>
本記事がいいなと感じたら「シェア」「Tweet」「いいね!」をお願いします!
「シェア」「Tweet」「いいね!」ボタンは一番下にあります。
スマホの方は、青字に白の「鳥」や「f」ボタンを押してください!

******************************
【PR】元特許審査官&個人・小規模事業者に特化した特許事務所です!
「おすすめの特許事務所」「おすすめの弁理士」を目指します!
そんな東雲特許事務所(しののめ特許事務所)へのお問い合わせは、
お気軽に
こちらからどうぞ!
http://www.patande.com/お問合わせ/ 
(↑お問い合わせフォームが開くだけですのでご安心ください。)
******************************

東雲特許事務所(しののめ特許事務所)
弁理士 田村誠治(元特許庁審査官)
【東京都港区新橋】【東京都中央区八丁堀】【東京都北区田端】
【稀有な経歴】特許技術者→特許庁審査官→特許事務所運営

【楽しいホームページ】
個人発明家・小規模事業者専門の東雲(しののめ)特許事務所
http://www.patande.com/
【実案ドットコム】
個人・小規模事業専門&元特許審査官による実用新案申請代理
http://www.jitsuan.com/
【商標ドットコム】
信頼・明確・安心の商標登録申請代理<商標ドットコム>
http://www.shohyou.com/
【ここだけの情報満載のブログ】
個人発明家向け特許・発明教室~目指せ一攫千金!~
http://blog.livedoor.jp/shinonomepat/
【本音モードのブログ】
弁理士のプライベートブログ~弁理士の視点&審査官の視点~
http://ameblo.jp/s-tam1104/
【Facebook】
Facebookページはじめました!より密な情報交換の場をご提供します。
https://www.facebook.com/shinonomepat
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのサイト、復活?!
http://kyozetu-taisaku.jimdo.com/
【特許の拒絶理由対策ドットコム】
特許のプロ向けのブログ、始動!
http://blog.livedoor.jp/kyozetutaisaku/
【アイデアモール】
アイデア品販売や製造業者との交流の場をご提供!出品無料です!
http://ideamall.jimdo.com/
http://ideacompany.cart.fc2.com/

160929(167×142)ameblo、livedoor ロゴ+東雲特許事務所(250×220) アイデアモール(2段) 商標ドットコム2 実案ドットコム2



アイデアをモノ(商品)にするこんな方法実用新案の申請を特許事務所(弁理士)に依頼するときに必要な図面について

Google